Like A Stone 動画保管庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

板垣引退

最近忙しくてねぇ。あと私信ですが、とりあえずお疲れ様。まぁ果報は寝て待ちましょう。

◇板垣信方引退

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070716-00000001-oric-ent

昨日の風林火山見た人いるかなぁ。ここ数年の大河でも圧倒的に素晴らしい演技でした。あれだけ鬼気迫る殺陣見たのは久しぶり。新〇組のときの孫悟空なんて話にならないくらいのすさまじさ。あの迫真の演技の裏にはこういう決意があったんですね。

>故・深作監督の「演出の要求に笑顔で応えられないと俳優引退だ」という言葉も引退の要因にあげた。

この言葉からも演技にかける思いが伝わってくるし、つくづく引退するには惜しい方だなと。後進の俳優からまたこういう人が出てくることを願いつつ。

つか下手をすれば、風林火山の見せ場の7割は昨日で終わっちまったんじゃないか。この後内野聖陽(この人を主役に選んだNHKは偉いと思ってますが)やカピバラもとい市川亀治郎やガックンがどんなにいい演技しても昨日の千葉真一の前ではかすんでしまう気が。おそるべし、千葉真一。

◇三国志9

こういうのって毎日やらないと意味ないよね。

つかもう全国制覇目前です。孫堅を倒す前に山越を片付けなきゃいけないのがちとめんどう。

◇また新潟か

同じところで立て続けに大地震が起きたのは自分の記憶にはありません。これからも大きな余震が続くようで、新潟の方は大変でしょうがどうぞ体にはお気をつけて。僕に言えることはこのくらいでしかありませんが。
スポンサーサイト
TV | コメント:0 | トラックバック:1 |

雨だねぇ

明日は早く家を出なきゃいけないのか・・・・・・。眠い。

◇ニコニコの半数近くは

選挙権持ってないんじゃないかと思ってたんだけど、さすがにそこまではいかないのかな?6割くらいは持ってる?



ニコニコからのオファーにより実現したそうですが、よく受けたというかなんというか。実際の票数につながるとは思えないけど。実際興味本位の人間が視聴してる人の大半だと思います。動画時間も短く、この時間で政策について語るのは不可能だし、軽くアピールしておくか、くらいの気持ちなんでしょう。でもこういう動画が出ると、視聴者側のレベルっていうのも試されることになりますね。それなりに真面目に書き込もうとする人がいるのが救いかなぁ。コメント削除されてるのはリア工あたりまでだと信じたい。

ニコ動では騒がず、TVは騒ぐ。まぁ影響力からすればそんなもんよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070710-00000005-mai-pol


◇やめたくてもやめられない。

赤城農相、疑惑残したまま
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070710-00000015-maip-pol

選挙前にやめたら決定打になりかねないから。参院選終わったらやめるでしょう。内閣改造とかなんとかで。選挙に関しては自民が議席を減らすのは確実だろうけども、退陣まではいかないんじゃないか、と見ています。というか民主党が勝手にハードル上げすぎてる気が……。どうも日本の野党はそういうところがあるようです。


◇三国志9

烏丸をようやく撃破。袁紹も倒してやっとこさ河北統一しました。とりあえず1年ほどシコシコ内政して、いよいよ曹操と激突。

よしなしごと | コメント:0 | トラックバック:0 |

レビュー(2)…Velvet Revolver:Contraband

◇さすがに飽きた

三国志8で4週目クリア。やっぱり君主プレイには向いてないゲームだわ。部下が勝手に全国制覇していくのを眺めていくっていうのはなんとも。というわけで今度は9でも買って来るかな。ニコ動のプレイを見ててやりたくなっただけです、はい。



◇やめたいというカズ、キレる永ちゃん、耳たぶ噛み千切られるつんく♂

<耳たぶかみ切る>ものまねタレント仲間、酔ってもめる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070705-00000117-mai-soci

想像するだけでシュールな現場ですね。十分大事なのに、どことなく滑稽な感じがしてしまうのは芸人の宿命なのかもしれない。羽賀研二の事件もそうだけど。

◇2ndやってから1st

逆じゃね?と自分でも思わなくはないですが、まぁいいや。

Contraband (CCCD) Contraband (CCCD)
Velvet Revolver (2004/06/08)
RCA

この商品の詳細を見る


VRの1st. CCCDにも拘らずビルボードNo.1に輝いたあたり、やっぱり本国アメリカではこの大型バンドへの期待感は大きかったってことなんでしょうね。ただ2nd.を聞いた今、改めて聞きなおしてみるとどこかまとまりにかける感は否めません。まだお互いの個性が融合せずにぶつかりあっているところがあるというか。特にスコットらしさっていうのがあまり出てないかなーという気もします。そう考えると2nd.でよりSTP色が強くなったっていうのはある意味当然なのかもしれませんね。あとこのアルバムの何曲かはどこかアクセルを意識してるものがある気がします。やっぱり忘れられないところがあったのかな、と。

とはいってもやっぱりこれだけのメンバーが揃っているのだから名曲も生まれてくるわけで。スコットがドラッグ問題のゴタゴタから(一応))開放されたその日のうちに書き上げたFall to Piecesとか、うねりのあるリフがカッコイイSlitherとか。その辺りはさすがだなと感心してしまいます。この辺の曲の一曲ごとの破壊力ならLibertadよりも上かもしれません。とにかくHR好きなら一度は聞いておいて損のないアルバムであることは間違いないと思います。
音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

参院戦しか見えない

◇防衛大臣がやめたようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070703-00000908-san-pol

与党が迷惑そうだったから、と言ってしまうあたりがこの人の失言癖のひどさを物語っているような。世論に対する感覚っていうのは政治家にとって必須な能力なはずなんだけどなぁ。でも地元の支援者は「あの人は人がいいから」っていってました。それもどうなのよw

後任はクールビズ百合子。安全保障担当補佐官だったっていうのが直接の理由のようだけど、この人の防衛に関する政治能力ってどんなもんなんでしょ?単なるお飾りにならなきゃいいですけどね。

◇三国志8

何気に4週目。今回は君主プレイです。いつのまにやら江東の小覇王と化しています。とりあえず董卓の後を継いだ馬騰との全面戦争に突入。なんか荊南の孫堅がのちのち厄介な存在になりそうではあります。
よしなしごと | コメント:0 | トラックバック:0 |

レビュー①…Velvet Revolver:Libertad

◇最近ニコニコで見た動画の中で一番熱かったやつ↓


後半の劇的展開がタマリマセン。

◇転職交渉が上手くいった模様。8月になったらバイト代えるぞー!

◇それはさておき、こっちのブログの主目的はレビューのつもりなのでさっそく。


Libertad Libertad
Velvet Revolver (2007/07/03)
RCA

この商品の詳細を見る


元Stone Temple Pilotsのスコット・ウェイランドと元Guns N' Rosesのスラッシュ、ダフ・マッケイガン、マット・ソーラムが手を組み、そこに元Zilchのデイブ・クシュナーを加えて結成されたバンドの待望の2nd. やっぱりチャイデモより早く出たわw

前作Contrabandよりも全体的にまとまりが出てきた感があります。STP色が強く感じられるのはプロデューサーがブレンダン・オブライエン(STPの全作品のプロデューサー)だから?②のSHE MINEなんてSTPの曲だって言われたら信じてしまいそう。それに対してこのアルバムはGunsを意識して聞くべきアルバムではないと思います。大体にしてAppetite for Destructionを基準にして聞くのが間違いなのであって、あのアルバムの音を求めてもそりゃ中々難しいものがあるだろうと。あれはあの5人だから出せた音であって、VRの5人に出せる音じゃないと思います。それにソングライティングの中心的存在であったイジー・ストラドリンも、ガンズをガンズたらしめていた唯一無比のカリスマ、アクセル・ローズもこのバンドにはいないのです。

じゃあVRはダメなのか、と言えばそうじゃない。VRにはVRなりの音っていうのがあるんだと思います。特にこのアルバムではこの5人だから出せる音が見つかってきた、という感じなんじゃないのかなと。STP色が強い、と書いたけれどもそこにスラッシュらしいギターソロがのって来たり、ダフらしいシンプルなベースラインがあったり。お互いの持ち味っていうのが分かってきたからこそ、その辺が上手く融合し始めているなと思います。それにSTPとは違うタイプの曲だって多くあるわけで、①のLET IT ROLLなんていかにもスラッシュらしいリフを使ったロックンロールナンバーだし、⑦のAmerican Manのパンキッシュなところはいかにもダフらしい。

確かに昔のGunsのような危うさはないかもしれないけど、メンバーの個性はとっても光ってるアルバムなんじゃないか、と思います。ロック好きなら一度聞いておいても損はないと思いますよ。
音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 |

7/1 報道特集

最初の記事がこれか、という気もするけどまぁいいや。

日教組特集の報道特集なわけですが、やっぱりどこかこの組織のやり方には違和感を覚えるなぁ。いや、主義主張がどうということではなく、あまりにも思想教育っていう面が強すぎる気がする。個人的には学校の教育でそこまでやるべきではないと思うんですよね。そういうことについてどういう教育をするかっていうのはやっぱり親が決めるべきことだと思います。今の学校では親は教師を選べないわけだから、そういう思想信条にまで踏み込んだ授業はやるべきじゃない。学校がやるべきことはそういったことを考えるための知識を子供達に教えることじゃないんだろうかと。たとえば靖国参拝に賛成か反対かという授業をやるには前提となる知識が必要でしょう。靖国神社とはどういうものか、政教分離とはなにかなどなど。そういったことをやらないまま授業をしても、知識量で上回っている教師に引きずられてしまうだけで、結局は思想の押し付けになってしまうんじゃないのか。河村元文科相の「教育には中立性が大事」っていう発言は真っ当だと思うんですが。

まぁもちろん政治的発言を全くしてはいけないとは思いません。ただそれを教育の現場にどこまで持ち込むべきなのかという事にはもう少し慎重であるべきなはずなんですがね・・・・・・。

番組ではゆとり教育にも触れていましたが、今でも日教組はゆとり教育推進派らしい。まぁ勉強か人間性かなんて天秤にかけるもんじゃないと思いますが・・・・・・。学校だけで全てやろうとすること自体が間違ってる気もします。人間性を育むことの中心は家庭であるべきだと思うんですけどね。あと競争の過度の推進がいいとは思わないけど、全否定するほど悪いことでもないですよね。日本は一応資本主義社会なわけだし。むしろ競争することのメリットとデメリットを教えることが本当の教育なんじゃないのかしら?

つーかあんなに堂々とレーニンの銅像とか飾ってるのか。ちょっとビックリ。
TV | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。