Like A Stone 動画保管庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

思考する世論

とりあえず、単位は落とさなかった模様。つかダメだと思ってた教科でAとって、出来たと思ってた教科でCとはこれいかに。

◇読書メモ

○獄中記その2

表題の「思考する世論」っていうのは佐藤優が本の中でよく使う言葉なんですけども、そういうからには当然「思考しない世論」ていうのが存在するわけで、この人に言わせるといわゆる「世論」てものの大多数は「思考しない世論」ってことになるんだと思います。まぁ確かにこの人くらいになると、政治的にも論理的にも一貫性を持たない「世論」なんてものは信用に値しないのかもしれません(この本を読んでいる限り、この人は専門分野についてはその分野のエリートが動かしていくのが理想だと考えていると思います。つまり一般大衆が外交などに口を出すべきではない、ということ)。そこでふと思うのが自分はどっちの「世論」かなぁということ。ホントは「思考する世論」でいたいけれども、実際のところは「思考したいけど能力不足で思考しきれていない世論」って程度だと思います。少なくとも「思考しない世論」ではない、という自負はありますが。とりあえずどうやったら「思考する世論」になることが出来るか、というのがこれからの課題の一つかなぁ。

○官邸崩壊

アマゾンの書評では好評のこの本ですが、誤解を恐れずに言えば、上の例に例えるとこの本は「思考しない世論」向けの本だと思います。「失敗学」の一例としては確かにいい本かもしれません。「安倍ちゃんとその取り巻きはダメなやつばっかりだなぁ」と思うのにもいい本だと思います。単なるドキュメンタリーだと思えば十分読めます。ただ「第一次安倍内閣の総括本」としては三流本かなと(個人的にはこちらを期待してました。まぁ期待の仕方が間違ってたのかもしれません)。まぁ総括にも値しない内閣だった、と言われてしまえばそれまでなんですが、書いてあるのは安倍内閣の人間模様がほとんどで、政治的意義ってやつについては全く書かれていないに等しいと思います(最後のほうでちらっとだけ書いてあるような気もするけど、とても的を得ているとは思えない)。かといって安倍晋三という人や、他の閣僚の人間性について書ききれているか、というとそれも怪しいと。たぶんこの本を読んだ人は「安倍内閣ってひどい内閣だなぁ。早くやめさせないといけないなぁ」と思うだけで、それ以上の感想を持たないんじゃないかなぁ。それで作者の意図としては十分、ということならずいぶんと間抜けな意図で本を書いてるなぁと思う。まぁ小泉→田中真紀子ときてこの本だから、単に世間受けするネタで書いてるだけなのかもしれないけど、それならそれでもう少し面白い切り口で書けなかったものかねぇ、と思ってしまうのです。

あと他の本を読んでないのでなんともいえませんが、この人相当の小泉好きだと思います。そういう視点がどこかこの本全体に不自然さを与えているのかもしれません。やっぱり他の本も読んで見ないことにはこれはなんとも言えないか。小泉純一郎っていう人間に作者が強い関心を持っているのは確かだとは思うんですが。
スポンサーサイト
読書 | コメント:0 | トラックバック:0 |

台風と読書

髪切ってきました。ついでに染めてみたりもしたんですが、なんか今日は薬が異様に沁みたな・・・・・・。首の辺りがちょっぴり赤いらしい。

それにしても雨が凄い。家の近くを流れてる川なんて本気で氾濫しそうなくらい降ってますね。明日の昼ごろには通過予定だそうですが、朝仕事に行く人は怪我をなさらないように。

◇読書経過報告


○瀬島龍三~参謀の昭和史~

1章まで読みました。シベリア抑留時とその前後についての話なんですが、初っ端から中々辛らつな内容。この本を鵜呑みにすれば、瀬島龍三っていう人はとってもずるくてせこい人ってことになりそうですが。

これまでにも見てきたように、瀬島の話し方には特徴があって、本質にふれざるをえないときは逆に本筋をはずし、枝葉末節ともいっていい些細な内容を事細かに話すのだ。  
                                      ~第一章 シベリア体験の虚と実~


上手くいえば世渡り上手ということで、まぁ頭がいい人ではあるんだとは思います。君主危うきに近寄らず、といいますか。ただそのせいで、多くの真実が闇に葬られていくことになるのですが・・・・・・。他にもソ連との和平交渉におけるシベリア抑留に関する「密約」について書かれていたりするのですが、この辺は瀬島氏も暗に否定していたらしい。まぁこの辺に関してはこの本もあくまで推測でしかないのでなんともいえませんが。

○獄中記

こちらも第一章まで。正直に言うとこちらのほうが面白いです。第一章は拘留直後~公判開始前まで。この人にかかると、狭苦しい拘置所も最高の勉強部屋に化けてしまうようです。毎日のように語学、哲学、神学の勉強に取り組み、その結果ボールペンのインクは一週間でなくなってしまうという凄まじさ。そりゃ知的レベルも高くなるわ、感心しつつ呼んでるわけですが、そういった中でもやっぱり人間というか不安な気持ちも少し曝け出しているあたりが妙に生々しい。

でもやっぱり一番凄いのはこの人の時代を見る目だと思います。「従来の国策」から「新しい国策」への転換は小泉改革というものの本質を抉り出しているように思われるし、その転換の結果起きてくる事態についての予測もずばり当たってきていたり。自分がその転換の渦の真ん中にいる一人にも拘わらず、こうしたものの見方が出来るというのはやっぱり尋常じゃないな、と。

○もう一冊買った

官邸崩壊 安倍政権迷走の一年 官邸崩壊 安倍政権迷走の一年
上杉 隆 (2007/08/23)
新潮社

この商品の詳細を見る


今話題の本の一つですね。なんか安倍叩きブームに乗っかっちゃいまいか、という気もしたんですが一応読んでおこうかなと。まださわりしか読んでいませんが、誰もが興味を持てるような書き方をしている分、なんかデフォルメされてない?なんて思わなくもなく。つかこれがまんま真実だとしたら相当絶望的な気が・・・・・・。まぁ現内閣は「麻生・与謝野内閣」だからまだマシなのかな?

◇MX佳境も佳境

あと2面。ここに来てゼオライマーを使わざるを得ない俺。ルーをなんとかしてACEにしておきたいんだけど・・・・・・・。

にしてもロム兄さんかっこいいよロム兄さん。




読書 | コメント:0 | トラックバック:1 |

あめあめふるふる

明日は台風上陸。出かける方はお気をつけて。いや、俺も出かけるんですけどね・・・・・・。

◇ニュースにかこつけて読書

瀬島氏死去のニュースを取り上げたりしたわけですが、正直自分もこの人がどういう人かはよくわかってなかったり。もちろん基礎的な知識はそこそこ持ってるんですが、これを機会に(というと失礼か)ちょっとこの人絡みの本を呼んでみることに

瀬島龍三―参謀の昭和史 (文春文庫) 瀬島龍三―参謀の昭和史 (文春文庫)
保阪 正康 (1991/02)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


アマゾンの書評を見てもらうとわかりますが、どちらかというと瀬島氏に対して批判的な視点で書かれている、らしい。まだちらっとしか読んでないのであんまりいろいろ言えませんが、どちらかというと本人を礼賛している本よりも、こういうタイプの本のほうが好きだったり。

ちなみにここ見てるかどうかわかりませんが、某書店の文庫担当の姐さんに。瀬島龍三関係ならこの本よりも共同通信社から出てる文庫のほうが売れると思います。アマゾンでの書評はズタボロですが。

沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫 沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫
共同通信社社会部 (1999/07)
新潮社

この商品の詳細を見る


ちなみにもう一冊買いました。

獄中記 獄中記
佐藤 優 (2006/12)
岩波書店

この商品の詳細を見る


こっちは前から読みたかった本。お恥ずかしながら、この人の著作は手嶋龍一氏との共著「インテリジェンス~武器なき戦争」しか読んだことないのですが、読んだときに「この人の知的レベルは尋常じゃないな」と感じさせる内容だったので、「是非他の本も」と思いつつ今日までのらりくらり来ていたわけですが、ようやく意を決し購入。他にも「自壊する帝国」やら鈴木宗雄氏との共著「反省」などもあったのですが、初期の著作から読もうということでこれをチョイス(「国家の罠」はなかったのよ・・・・・・orz)。こちらもちらりとしか読んでませんが、この人が外務省を休職してこうやって著作活動に取り組んでいるっていうのは国民にとってある意味プラスだなぁと。外交関係の国益を考えれば大きな損失だとは思いますが。とりあえずこっちも勉強の傍らにちまちまとよんでいくつもりです。

◇MX佳境

あと5面くらいなんだけど

めんどくさくなってきた・・・・・・・。

一面クリアするのに時間があれだけかかるとねぇ。まぁ仕方がないことなんだけども(何がだ)、もう少しサクサクっと行きたかったり。そういう性格が戦略シュミレーションをやる上では不向きだ、と言われてしまえば、ハイそれまでよ。

◇最後に私信

来週中にはチャーハン食べに行きたいです。
読書 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。