Like A Stone 動画保管庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

君はもう篤姫を見たか

見てる人少ないんだろうなぁ。まぁ興味をそそるようなチョイスでないことは確か。
かくいう自分も初回の本放送は見逃したわけだが・・・・・・。

篤姫
http://www3.nhk.or.jp/taiga/index.html

でも一つの青春ドラマとしてみるならば、結構面白いと思います。篤姫にしろ帯刀にしろこれから幕末の動乱に巻き込まれていくわけで、あのおてんば姫と気弱な青年がどのようにして大奥の総帥、薩摩藩の大家老に成長していくのか、というのは興味深いところではありますねぇ。

主役級に若手俳優を配し、周りにベテランやら芸人やらを持ってくるというのは「義経」に似た配役。まぁあそこまでひどいことにはならないとは思いますが・・・・・・。考えてみればどっちも宮尾原作か。NHKは彼女に恨みでもあるんだろうか。

でも今のところは脚本も結構練られている感じ。特に本来ならば敵であるはずの調所との一連のやり取りは、後半で帯刀や西郷、大久保らと立場上対立せざるを得ない篤姫の将来をどことなく暗示しているよう。他にも西郷や有馬新七らの意見に対して一人冷静な意見を述べる大久保(この大久保にタイゾーという配役は諸刃の剣な気が・・・・・・。凶と出るか吉と出るか)なんかは、明治維新後の西郷と大久保の関係を思い起こさせたりと、なかなか凝った作り。そういうところにも着目してみると、より楽しめると思います。

それにしてもOPに宮崎あおい本人を登場させる辺りはちとやりすぎか。そこまで露骨に人気に頼らなくても、と思わなくもない。というか逆に本来の大河ファンはそういうところが気に入らなくて見なかったり、ということが多いんじゃないだろうか。もったいない。

と、このままではあれなので一応フォローしておくと、宮崎あおいの演技はそこまでひどくはないと思いますよ。タッキーよりはナンボもまし。ただ内野聖陽と比べるのはさすがに酷だけどね。

◇In Rainbow

後日必ず。とりあえず☆にしてみると4くらいかなぁ(5つが最高として)。少なくともOKコンやKid Aを超えた!というのは言い過ぎな気がします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
TV | コメント:0 | トラックバック:0 |

板垣引退

最近忙しくてねぇ。あと私信ですが、とりあえずお疲れ様。まぁ果報は寝て待ちましょう。

◇板垣信方引退

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070716-00000001-oric-ent

昨日の風林火山見た人いるかなぁ。ここ数年の大河でも圧倒的に素晴らしい演技でした。あれだけ鬼気迫る殺陣見たのは久しぶり。新〇組のときの孫悟空なんて話にならないくらいのすさまじさ。あの迫真の演技の裏にはこういう決意があったんですね。

>故・深作監督の「演出の要求に笑顔で応えられないと俳優引退だ」という言葉も引退の要因にあげた。

この言葉からも演技にかける思いが伝わってくるし、つくづく引退するには惜しい方だなと。後進の俳優からまたこういう人が出てくることを願いつつ。

つか下手をすれば、風林火山の見せ場の7割は昨日で終わっちまったんじゃないか。この後内野聖陽(この人を主役に選んだNHKは偉いと思ってますが)やカピバラもとい市川亀治郎やガックンがどんなにいい演技しても昨日の千葉真一の前ではかすんでしまう気が。おそるべし、千葉真一。

◇三国志9

こういうのって毎日やらないと意味ないよね。

つかもう全国制覇目前です。孫堅を倒す前に山越を片付けなきゃいけないのがちとめんどう。

◇また新潟か

同じところで立て続けに大地震が起きたのは自分の記憶にはありません。これからも大きな余震が続くようで、新潟の方は大変でしょうがどうぞ体にはお気をつけて。僕に言えることはこのくらいでしかありませんが。
TV | コメント:0 | トラックバック:1 |

7/1 報道特集

最初の記事がこれか、という気もするけどまぁいいや。

日教組特集の報道特集なわけですが、やっぱりどこかこの組織のやり方には違和感を覚えるなぁ。いや、主義主張がどうということではなく、あまりにも思想教育っていう面が強すぎる気がする。個人的には学校の教育でそこまでやるべきではないと思うんですよね。そういうことについてどういう教育をするかっていうのはやっぱり親が決めるべきことだと思います。今の学校では親は教師を選べないわけだから、そういう思想信条にまで踏み込んだ授業はやるべきじゃない。学校がやるべきことはそういったことを考えるための知識を子供達に教えることじゃないんだろうかと。たとえば靖国参拝に賛成か反対かという授業をやるには前提となる知識が必要でしょう。靖国神社とはどういうものか、政教分離とはなにかなどなど。そういったことをやらないまま授業をしても、知識量で上回っている教師に引きずられてしまうだけで、結局は思想の押し付けになってしまうんじゃないのか。河村元文科相の「教育には中立性が大事」っていう発言は真っ当だと思うんですが。

まぁもちろん政治的発言を全くしてはいけないとは思いません。ただそれを教育の現場にどこまで持ち込むべきなのかという事にはもう少し慎重であるべきなはずなんですがね・・・・・・。

番組ではゆとり教育にも触れていましたが、今でも日教組はゆとり教育推進派らしい。まぁ勉強か人間性かなんて天秤にかけるもんじゃないと思いますが・・・・・・。学校だけで全てやろうとすること自体が間違ってる気もします。人間性を育むことの中心は家庭であるべきだと思うんですけどね。あと競争の過度の推進がいいとは思わないけど、全否定するほど悪いことでもないですよね。日本は一応資本主義社会なわけだし。むしろ競争することのメリットとデメリットを教えることが本当の教育なんじゃないのかしら?

つーかあんなに堂々とレーニンの銅像とか飾ってるのか。ちょっとビックリ。
TV | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。